HOME>団体概要>調布市内の商店会との取り組み

ちょうふどっとこむとは

調布市地域情報ポータルサイト「ちょうふどっとこむ」は、インターネットを活用し、必要な調布の地域情報を必要な方に、簡単に届けたり、 得られたりできるような環境を整備することで、調布市の「地域コミュニティーの活性化」を促し、様々な地域問題の解決に貢献することを目的として運営しております。


調布市内の商店会との取り組み

「情報をバラバラに発信するのではなく、一ヶ所にまとめ共有化しよう」という考え方のもと、調布市地域情報ポータルサイト「ちょうふどっとこむ」では、調布市内の「商店会」のみなさまと、連携した情報発信を進めております。

■情報の整理一元化の必要性について
調布市内の商店会との取り組み

商店会のホームページ制作では、以下のようなケースがよく見られます。

1:商店会でホームページを制作したが、ほとんどアクセスがない。

 →消費者は普段買い物をしている商店会名すら知らない上、商店会においてもホームページの宣伝や
ホームページを活用したイベントや催しなどを企画できていない。

2:商店会の会員であるお店(ホームページ制作などを本業としていない商店会の会員)や、地域のことに全く関心のない業者、遠方の業者に制作を依頼し、その後更新などが滞ってしまう。

→本業としていない会員に依頼したケースでは、無料もしくはかなり安い金額で制作をしていただけると思います。

しかしながら、最初の制作の時はまだ良いですが、その後、制作者のモチベーションが下がってしまい、更新する気がなくなってしまうことがよくあります。それは以下のような理由によることがほとんどです。

******

■助成金などの支給により、商店会からの負担が少なくて済むので、特に長期的な計画もなく事業が進められてしまう。
 → 商店会の会長をはじめ、インターネットを使えない役員がたくさんおり、開設時は関心が高まるが、その後の商店会事業にインターネットがほとんど活用されない。そもそもインターネットができないので、どのように活用していいかわからない。 定休日や営業時間が間違っていたり、古い情報になっていたりしても無関心。

→ホームページ・広報部会などの下部組織(担当)を作れない商店会組織では、何かイベントをする場合でも、その情報をホームページに掲載することや、定期的にお店情報の更新を行っていくことまで頭が回らない。地域に関心のない業者や遠方の業者では、自ら気付いて更新することは期待できず、基本的に依頼されたことしか作業をしない。

******

そこで、「ちょうふどっとこむ」では、トップページだけは独自のものを制作し、各会員(お店)のページは、 「ちょうふどっとこむ」のシステムを利用していただく形で、商店会でのホームページ維持の負担を軽減していただくとともに、 市民の方々にとっては、調布市内のお店情報が集まっている「ちょうふどっとこむ」という1つのホームページから商店会を横断的に、知りたいお店を検索できるという利便性を提供しております。

情報の共有化の実績 :「 調布市内の商店会検索

これから、ホームページの制作をご検討される商店会の方は、是非調布市の情報を集めた「ちょうふどっとこむ」にお声がけください。