山崎ナオコーラトークイベント 母ではなくて、親になる

エリア
小島町・布田
小島町・布田
対象者
限定なし
限定なし

このイベントは終了しました

募集終了いたしました

実施の記録

2月4日(日曜日)に作家の山崎ナオコーラさんをお迎えしてトークイベントを開催しました。
お子様を含め、107人の方が来場しました。

第1部はインタビュー形式で、育児、夫や子どもとの関係、マイルール等幅広くお話を伺いました。
山崎ナオコーラさんの人との関わり方やストレスをためない考え方は育児や家庭だけでなく様々な場面に当てはまるものでした。
第2部では、「質問コーナー」と題し、休憩時間中に集めた会場からの質問にお答えいただきました。
山崎さんは、寄せられたたくさんの質問に対し、ひとつひとつ丁寧に答えてくださいました。
また、会場後方のキッズスペースは多くの方にご利用いただき大変好評でした。

イベント詳細

  • 期日

    2018年02月04日(日)
  • 開場

    13:30
  • 開始

    14:00

    終了

    16:00
  • 会場

    文化会館たづくり むらさきホール
  • 参加費・料金

    無料
話題の育児エッセイ本『母ではなくて、親になる』の著者 山崎ナオコーラさんをお迎えしてトークイベントを開催します。
妊娠中に母ではなくて,親になろうと決めたというナオコーラさん。今感じる育児,仕事,生き方などについて伺います。

プログラム

14:00~15:15 インタビュー「ナオコーラさんの世界」
            休憩
15:25~16:00 質問コーナー

聞き手 牧野道徳氏(調布エフエム放送株式会社)
  • 出演者

    山崎ナオコーラ氏(作家)
  • プロフィール

    1978年,福岡県に生まれる。國學院大學文学部日本文学科卒業。2004年,会社員をしながら書いた「人のセックスを笑うな」で第41回文藝賞を受賞し,作家活動を始める。著書に,小説『人のセックスを笑うな』『浮世でランチ』『カツラ美容室別室』『ニキの屈辱』『昼田とハッコウ』『ネンレイズム/開かれた食器棚』『美しい距離』(島清恋愛文学賞受賞)のほか,エッセイ集『指先からソーダ』『かわいい夫』などがある。モットーは「フェミニンな男性を肯定したい」。目標は,「誰にでもわかる言葉で,誰にも書けない文章を書きたい」

申込み方法

電話,メールまたは来館にて男女共同参画推進センターまで
[必要事項]
1 イベント名
2 申込者氏名(ふりがな)
3 日中につながる電話番号
保育を希望する場合は,お子様のお名前と月齢(2月4日時点),住所をお知らせください。

  • 申込み期間

    1月4日(木)午前9時から受付
    保育は1月19日(金)までに申し込みください。
    2月2日トークイベント申込受付終了
    キャンセル待ち及び当日受付はありません。
  • 定員

    120人
  • 定員付記

    申込み順

その他

保育:1歳以上就学前(要申込・無料)

会場内キッズスペースあり
(お子様とご参加の方はご自由にお使いいただけます。キッズスペースで使用する飲み物,おもちゃなどはご持参ください)
手話通訳あり(ご希望の方はお申し込み時にお知らせください)
書籍販売あり
飲み物の販売あり