福祉職員中堅研修【定員に達しました】

階層別研修

対象者
詳細参照
詳細参照

このイベントは終了しました

イベント詳細

 中堅職員は、経験を重ねて後輩の指導や職員同士のチームワークづくりなど、悩みが深まる時期です。

 本研修では、同じような立場の仲間と一緒に、中堅職ならではの役割ストレスについて本音で語り合い、ストレスと向き合う知恵を出し合います。
 
~前回の参加者からは
・「事例をあげながら話をしてくれたので、大変わかり
  やすい。」
・「中堅職員としての役割を理解でき、職場環境を整える
  大切さと方法を知ることができた。」
・「グループワークやDVDを通じて楽しみながら、
  他事業所の方と交流できて良かった。」
・「初めてのSSTを体験できて良かった。」
・「SSTは大変理解しやすく、かつ実践的で、今後の支援
  及び生活の中に取り入れることのできる内容だった。」

と多数のご感想を頂きました~

 少人数でアットホームな雰囲気で学ぶことができ、
職員同士が顔見知りになれる機会です。今後のネット
ワークづくりにも役立ちますので、ぜひご参加ください。

プログラム

 中堅職員としての役割、自己管理のあり方を確認し、 自らのキャリアデザインを考えます。  SSTを通じて、コミュニケーションの練習をします。
講師: 山本 雅章 氏(調布市福祉健康部長)    
    清水 有香 氏(精神保健福祉士、SST講師)

申込み方法

電話、FAX、メールでお申込みください。
  • 定員

    30名
  • 定員付記

    申込順
  • 参加条件

    勤続年数概ね3年以上の市内在勤の福祉職員
    (すでに管理職、施設長の役職にある方は
    含みません)

その他

※名刺をご持参ください