第138回 午後のティーサロン: ラブストーリー「駅物語」~出逢いと別れ~

~音楽&映画への語らい~

カテゴリ
展示・鑑賞・公演
展示・鑑賞・公演
エリア
小島町・布田
小島町・布田
対象者
限定なし
限定なし

このイベントは終了しました

イベント詳細

  • 期日

    2018年10月20日(土)
  • 開場

    13:15
  • 開始

    13:30

    終了

    16:30
  • 会場

    文化会館たづくり 10階 1002学習室 
  • 参加費・料金

    300円/人(資料・茶菓代)
映画を観ながら、音楽を聴きながら、お茶と皆さんの語らいを
楽しむサロンを開いています。
映画と音楽をこよなく愛しておられる方、新たなコミニュケーションの場を広げませんか?お待ちしております。

プログラム

    ラブストーリー・ベスト・セレクション
   『駅物語』~出逢いと別れ~
「駅」、多くの人々が行き交う場、そこには新たな出逢いがあり、また悲しい別れもある。そしてそこに物語が生まれる。この駅を舞台にした数多くの映画の中から今回は、巨匠デヴィッド・リーン監督の繊細な大人のラブストーリー2作品を選びました。
『旅情』
美しい風景に彩られた水の都・ベニスを舞台に、ほろ苦い恋の行方が、名曲『サマータイム・イン・ベニス』の調べに乗せて描かれる、ウィットと哀愁に富んだ大人のラブロマンス。
ベニスを訪れたアメリカ人女性ジェーンは中年紳士レナートと知り合う。彼の案内でベニスを観てまわる内、ジェーンは次第にレナートに恋心を抱いていく・・・。
くちなしの花を手にプラットフォームに立ちつくすレナート、汽車の窓から手をふりつづけるジェーン、のラスト・シーンは心に染み入る。
『逢びき』
互いに配偶者を持つ身でありながら、道ならぬ恋に惑う男女の出会いと別れを詩情豊かに描いたラブロマンス。
ある夕方、会社員の妻ローラは買い物で近郊の小都市へ出かけた帰りの汽車を待つホームで目に入った煤を医師アレックが取り除いてくれた。その後も駅の待ち合いのバーで顔を会わすうちに恋に落ち、逢びきを重ねるようになるが・・・。全編にわたって流れるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番もまた素晴らしい。
 
  • 主催

    「午後のティーサロン」運営委員会
  • 共催など

    NPO法人 調布まちづくりの会
  • 問い合わせ

    沖田 
    090-3439-3223