水木しげる魂の漫画展

カテゴリ
展示・鑑賞・公演
展示・鑑賞・公演
エリア
市外・その他
市外・その他
対象者
限定なし
限定なし

このイベントは終了しました

イベント詳細

  • 期日

    2019年06月08日(土)~2019年07月07日(日)
  • 開始

    10:00

    終了

    20:00
  • 日程付記

    入館は閉館の30分前まで(注)そごう横浜店の営業時間に準じます
  • 会場

    そごう美術館
  • 参加費・料金

    大人1,200円 大学・高校生800円 中学生以下無料
時代を超えて愛されている妖怪漫画「ゲゲゲの鬼太郎」を生んだ日本漫画界の鬼才であり、調布市名誉市民である水木しげるさん。

鳥取県境港で過ごした幼少期、自宅に出入りしていた近所の「のんのんばあ」に連れられて見た「地獄極楽絵図」に心奪われ、目に見えない世界に興味を持つようになりました。そして、太平洋戦争激戦の地、ラバウルで生と死を彷徨いながら、理不尽な戦争で失った多くの魂を見つめてきました。また、極貧生活を送り、片腕で独自の画風を模索しながら、魂を込めて作品を描き続けました。

本展では、少年天才画家と呼ばれた少年期のアート作品、人気漫画作品の生原稿や原画など貴重な資料、愛用の道具、妖怪ブロンズ像に加え、作画タイトルの解説や関連映像など約300点を展示し、さらに昨年発表された妖怪画3点を初公開します。

「水木ワールド」とも呼ぶべき多彩な画業とその魅力を存分にご堪能ください。

プログラム

水木しげる魂の漫画展
時代を超えて愛されている妖怪漫画「ゲゲゲの鬼太郎」を生んだ日本漫画界の鬼才であり、調布市名誉市民である水木しげるさん。
鳥取県境港で過ごした幼少期、自宅に出入りしていた近所の「のんのんばあ」に連れられて見た「地獄極楽絵図」に心奪われ、目に見えない世界に興味を持つようになりました。そして、太平洋戦争激戦の地、ラバウルで生と死を彷徨いながら、理不尽な戦争で失った多くの魂を見つめてきました。また、極貧生活を送り、片腕で独自の画風を模索しながら、魂を込めて作品を描き続けました。
本展では、少年天才画家と呼ばれた少年期のアート作品、人気漫画作品の生原稿や原画など貴重な資料、愛用の道具、妖怪ブロンズ像に加え、作画タイトルの解説や関連映像など約300点を展示し、さらに昨年発表された妖怪画3点を初公開します。
「水木ワールド」とも呼ぶべき多彩な画業とその魅力を存分にご堪能ください。
会場
そごう美術館 神奈川県横浜市西区高島2丁目18-1 そごう横浜店6階
会期

  • 前期 令和元年6月8日(土曜日)から6月24日(月曜日)まで

  • 後期 令和元年6月25日(火曜日)から7月7日(日曜日)まで

    (注)前・後期で一部展示替えがあります。


時間
午前10時から午後8時まで(入館は閉館の30分前まで)

(注)そごう横浜店の営業時間に準じます。
休館日
会期中無休
入館料
大人1,200円 大学・高校生800円 中学生以下無料

(注)前売・団体割有
問い合わせ
そごう美術館 電話042-465-5515
主催
そごう美術館、NHKプロモーション、神奈川新聞社
後援
神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会
協力
神奈川大学
企画協力
水木プロダクション
協賛
株式会社そごう・西武




水木しげる魂の漫画展(NHKプロモーション)

[お問い合わせ先]
生活文化スポーツ部 産業振興課 商業観光係
  • 主催

    そごう美術館、NHKプロモーション、神奈川新聞社
  • 共催など

    後援 神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会 協力 神奈川大学 企画協力 水木プロダクション 協賛 株式会社そごう・西武
  • 問い合わせ

    そごう美術館
    045-465-5515