包括的フレイル予防 ‐衰えへの気づきを元気のヒケツに‐

東京慈恵会医科大学 地域連携看護学実践研究センター主催 市民公開講座

カテゴリ
講座・講演
講座・講演
エリア
国領町・染地
国領町・染地
対象者
成人
成人
高齢者
高齢者
障害者
障害者

このイベントは終了しました

イベント詳細

  • 期日

    2019年09月21日(土)
  • 開始

    14:00

    終了

    16:00
  • 会場

    東京慈恵会医科大学 看護学科校舎1階 大講堂(慈恵医大第三病院となり)
    •  
  • 参加費・料金

    参加費無料、事前申し込み不要です。直接お越し下さい。
日時・テーマ
 「みんなの保健室」 同時開催(12時~13時30分)

 第1回 9月21日(土)14時~16時
 なぜ老いる?ならば上手に老いるには
 ‐フレイル予防を通した健康長寿のまちづくり‐

 第2回 10月5日(土)14時~16時
 わが国日本:どうなる?何が課題なの?
 ‐“自分のやるべきこと”と“地域のやるべきこと”‐

フレイルとは?
 フレイル(Frailty)とは、健常と要介護状態の中間地点にあり、生活機能障害などの転帰に陥りやすい状態のこと。超高齢社会を迎え、高齢者の健康長寿を延ばし、地域活動への参加を促すために「フレイル予防」に注目が集まっています。
 フレイル予防の提唱者のお一人であり、研究や啓発活動を主動されている飯島勝矢先生に、フレイル予防の重要性について伺います。

プログラム

  • 出演者

    飯島 勝矢 医師
  • プロフィール

    東京大学高齢社会総合研究機構 教授、東京慈恵会医科大学卒業
  • 主催

    東京慈恵会医科大学医学部看護学科
  • 問い合わせ

    東京慈恵会医科大学医学部看護学科
    03-3430-8686
    (内線2770)  Email janp@jikei.ae.jp