※新型コロナウイルスの影響で、掲載内容と開催情報が異なる可能性があります。

環境講座「自然との共生 日本庭園の魅力」(全2回)

カテゴリ
講座・講演
講座・講演
エリア
飛田給・上石原・下石原・多摩川
飛田給・上石原・下石原・多摩川
対象者
限定なし
限定なし

このイベントは終了しました

イベント詳細

  • 期日

    2020年09月30日(水)~2020年10月07日(水)
  • 開始

    14:00

    終了

    16:00
  • 日程付記

    全2回(9月30日、10月7日)
  • 会場

    西部公民館
    • 調布市上石原3丁目21−6
  • 参加費・料金

    無料
自然との共生がもたらす日本庭園の魅力

日本庭園は、その土地の自然や世相を反映して表現されています。
講座では、庭園環境から日本庭園史を見渡し、江戸期の大名庭園や近代の多摩地域の庭園の位置づけ、自然との共生がもたらす日本庭園の魅力について学びます。

日程と内容
1. 9月30日(水曜日) 「日本庭園の歴史と植栽」
植栽に焦点をあてて日本庭園史を概観します。
自然や環境にあわせた庭木の選び方や維持管理について解説します。
2. 10月7日(水曜日) 「多摩地域の自然が生み出した日本庭園」
近世以降の東京および多摩地域の日本庭園の魅力を、多摩地域の地形や水系、植生との関係から読み解きます。

プログラム


自然との共生がもたらす日本庭園の魅力
日本庭園は、その土地の自然や世相を反映して表現されています。
講座では、庭園環境から日本庭園史を見渡し、江戸期の大名庭園や近代の多摩地域の庭園の位置づけ、自然との共生がもたらす日本庭園の魅力について学びます。
 日程と内容

  1. 9月30日(水曜日) 「日本庭園の歴史と植栽」
    植栽に焦点をあてて日本庭園史を概観します。自然や環境にあわせた庭木の選び方や維持管理について解説します。

  2. 10月7日(水曜日) 「多摩地域の自然が生み出した日本庭園」
    近世以降の東京および多摩地域の日本庭園の魅力を、多摩地域の地形や水系、植生との関係から読み解きます。


時間
午後2時から4時
定員
申し込み順 16人
講師  
宮内泰之(みやうちやすゆき)氏

講師宮内泰之氏の写真

恵泉女学園大学社会園芸学科准教授。農学博士。専門は造園学。日本庭園学会理事。
特に庭園等の植栽デザイン、緑化樹の維持管理、植生や植物相調査を専門とする。
「里山さんぽ植物図鑑(成美堂出版)」監修。「庭木の剪定(ナツメ社)」監修。
申し込み
9月8日(火曜日) 午前9時から電話または窓口で受け付け
西部公民館
電話 042-484-2531



[お問い合わせ先]
教育委員会教育部 西部公民館
  • 主催

    教育委員会教育部 西部公民館
  • 問い合わせ

    西部公民館
    042-484-2531
    ファクス番号:042-484-3704