※新型コロナウイルスの影響で、掲載内容と開催情報が異なる可能性があります。

パープルリボンプロジェクトinちょうふ2020

カテゴリ
展示・鑑賞・公演
展示・鑑賞・公演
エリア
国領町・染地
国領町・染地
対象者
限定なし
限定なし

イベント詳細

  • 期日

    2020年11月12日(木)~2020年11月25日(水)
  • 開始

    ---

    終了

    ---
  • 会場

    文化会館たづくり・市民プラザあくろす
    • 調布市国領町2丁目5−15
  • 参加費・料金

    無料
パープルリボン 
11月12日から25日は「女性に対する暴力をなくす運動」週間です。
パープルリボンは、DV(配偶者暴力)のない世界にしたいという意思を表しています。
調布市では、10月から11月にかけて「パープルリボン・プロジェクトinちょうふ」として様々なイベントを開催するほか、職員がパープルリボンを着用します。
また、11月は「児童虐待防止推進月間」でもあることから、「オレンジリボンキャンペーン」とも連携します。オレンジリボンには、「子どもへの虐待をなくし、苦しむ子どもたちを支援しよう」という思いが込められています。
DVと児童虐待は、密接に関係しています。
子どもの前でのDVは、「面前DV」と呼ばれ、子どもへの心理的虐待となり、子どもの発達や成長に悪影響を及ぼします。

『DV根絶・児童虐待防止「パープル&オレンジアマビエ展」』
暴力や虐待をなくしたいという願いを込めて市民が折った紙で飾られた、2色の妖怪アマビエのオブジェや啓発パネルを展示します。

『小林グレイ愛子写真展「グアテマラの女性たちの暮らしと布 グアテマラに魅せられて」』
中米・グアテマラで女性の支援活動をするタペストリーアーティスト・小林グレイ愛子による写真展です。
女性たちの暮らしや布の写真のほか、男女格差やDVについてのメッセージも展示します。

『講座「DV・モラハラを学ぼう 知って、気づいて、行動するために」』
モラハラ(モラル・ハラスメント)とは、言葉や態度で嫌がらせをすることで、精神的暴力とも言われています。殴る・蹴るなどの身体的な暴力と異なり、実態が見えづらく、被害に遭っていること自体に気づいていない人も多いのが特徴です。
モラハラの実態や対策を学ぶほか、被害者にならないために自己分析のワークショップも行います。

『調布駅前広場シンボルツリーのパープル・オレンジライトアップ』
調布駅前広場の樹木を紫色(パープル)とオレンジ色の2色にライトアップします。

『デートDV・JKビジネス被害防止パネル展』
デートDV(交際中のカップルの間で起こる暴力)やJKビジネス(女子高校生によるサービスを提供する商売)の被害防止を訴えるパネルを展示します。

プログラム

パープルリボン 
11月12日から25日は「女性に対する暴力をなくす運動」週間です。

パープルリボンは、DV(配偶者暴力)のない世界にしたいという意思を表しています。

調布市では、10月から11月にかけて「パープルリボン・プロジェクトinちょうふ」として様々なイベントを開催するほか、職員がパープルリボンを着用します。
また、11月は「児童虐待防止推進月間」でもあることから、「オレンジリボンキャンペーン」とも連携します。オレンジリボンには、「子どもへの虐待をなくし、苦しむ子どもたちを支援しよう」という思いが込められています。
DVと児童虐待は、密接に関係しています。子どもの前でのDVは、「面前DV」と呼ばれ、子どもへの心理的虐待となり、子どもの発達や成長に悪影響を及ぼします。
DV根絶・児童虐待防止「パープル&オレンジアマビエ展」
暴力や虐待をなくしたいという願いを込めて市民が折った紙で飾られた、2色の妖怪アマビエのオブジェや啓発パネルを展示します。
文化会館たづくりでの展示の様子
展示場所と期間

  1. 文化会館たづくり1階エントランスステージ

    10月15日(木曜日)午前8時30分から11月4日(水曜日)午後3時まで(休館日を除く)

  2. 市民プラザあくろす3階ロビー

    11月5日(木曜日)午前9時から11月30日(月曜日)午後10時まで(休館日を除く)


小林グレイ愛子写真展「グアテマラの女性たちの暮らしと布 グアテマラに魅せられて」
中米・グアテマラで女性の支援活動をするタペストリーアーティスト・小林グレイ愛子による写真展です。女性たちの暮らしや布の写真のほか、男女格差やDVについてのメッセージも展示します。
写真展のチラシ画像です。グアテマラの子どもたちの写真の画像です。
展示場所と期間
市民プラザあくろす3階「ギャラリーMEJIRO」

10月15日(木曜日)午前9時から11月30日(月曜日)午後4時まで(休館日を除く)
費用
無料
Web写真展
展示期間に合わせて、男女共同参画推進センターホームページ(外部リンク)にて、全ての展示作品に加え、展示しきれなかった写真も御覧いただけます。
講座「DV・モラハラを学ぼう 知って、気づいて、行動するために」
モラハラ(モラル・ハラスメント)とは、言葉や態度で嫌がらせをすることで、精神的暴力とも言われています。殴る・蹴るなどの身体的な暴力と異なり、実態が見えづらく、被害に遭っていること自体に気づいていない人も多いのが特徴です。モラハラの実態や対策を学ぶほか、被害者にならないために自己分析のワークショップも行います。
講座のチラシ画像です
日時
 10月30日(金曜日)午後2時から4時まで
場所
市民プラザあくろす3階ホール
内容(第1部のみ、第2部のみの受講はできません)
第1部「モラハラからの脱出」、第2部「自己分析してみよう あなたはDVを受けやすいタイプ?」
講師
第1部 高木由美子(弁護士)、第2部 中島由子(心理カウンセラー)
定員
申込み順35人(要事前予約)
申込み方法
平日(休館日を除く)の午前9時から午後5時までに、調布市男女共同参画推進センターまで電話(042-443-1213)または、Eメール(danjyo@w2.city.chofu.tokyo.jp)にてお申し込みください。
(注)Eメールで参加をお申込みの際は次の項目を御記入ください。

  1. イベント名

  2. 参加者のお名前

  3. 日中につながる電話番号

  4. 住所


(注)参加の際はマスク等の着用をお願いします。また、参加前に自宅で検温をお願いします。発熱がある場合や体調が悪いときは参加できません。
保育(無料 1歳以上就学前 要事前申込み)
 保育ご希望の方は10月12日(月曜日)までの平日午前9時から午後5時までに、男女共同参画推進センターまで電話(042-443-1213)またはEメール(danjyo@w2.city.chofu.tokyo.jp)にてお申込みください。
(注)保育をEメールでお申込みの際は次の6項目を御記入ください。

  1. イベント名

  2. 参加者のお名前

  3. お子さんのお名前(ひらがなで)

  4. お子さんの生年月日

  5. 日中につながる電話番号

  6. 住所


調布駅前広場シンボルツリーのパープル・オレンジライトアップ
調布駅前広場の樹木を紫色(パープル)とオレンジ色の2色にライトアップします。
ライトアップの様子(紫色)の写真ライトアップの様子(オレンジ色)の写真
ライトアップの日時 
11月1日(日曜日)から11月8日(日曜日)までの午後5時から午前0時まで
デートDV・JKビジネス被害防止パネル展
デートDV(交際中のカップルの間で起こる暴力)やJKビジネス(女子高校生によるサービスを提供する商売)の被害防止を訴えるパネルを展示します。
期間
10月15日(木曜日)午前9時から11月30日(月曜日)午後3時まで
場所
総合福祉センターウィンドウ美術館(1階道路沿い)
デートDV防止啓発冊子の表紙

[お問い合わせ先]
生活文化スポーツ部 男女共同参画推進課
  • 主催

    生活文化スポーツ部 男女共同参画推進課
  • 問い合わせ

    生活文化スポーツ部 男女共同参画推進課
    042-443-1213
    ファクス番号:042-443-1212