長谷川塾

(はせがわじゅく)

中学受験、難関校への進学塾です。自らの意思で未来を拓く子どもを育成します。

042-442-4780
※お問合せの際には、何をご覧になったか確認させていただくため、「ちょうふどっとこむ」を見たとお伝えいただければ幸いです。

長谷川塾はすべての生徒が第一希望に合格できるように、出来ることはすべてやります

画像1
長谷川塾は「やる気になる子」を育てる塾。

わかるまで何時間でも教えます。

だから、
第一志望校合格率 70% (総合合格率100%)






【長谷川塾独自の6年次早期受験カリキュラム】

自分と同じ能力を持ったランナーよりもより早くゴールするためにはどうすればよいでしょうか?

答えはかんたん。より早くスタートすればよいのです。

受験においてもそれは同じ、自分と同じ能力を持ったライバルより高い目標に到達するためには、より早くから準備することが重要です。

長谷川塾では、新学年がスタートする6年時の2月より、
通常のカリキュラムと並行して本格的な受験勉強もスタートします。

【1】2月〜7月に理科・社会の知識・暗記項目を徹底的に演習
【2】夏休みは合格を大きく左右する算数をレベルアップ
知識の暗記に時間を取られないから、じっくりと取り組んで算数を一気に入試レベルまで引き上げます。
【3】9月以降は、過去問演習と弱点補強のために生徒ひとりひとりに個別の課題と答案添削そして質問対応。
【4】1月は、他の学年の授業は休講、全て6年生の合格にための授業に切り替わります。
最後の最後まで諦めない!!だから長谷川塾には毎年、最後の模試の成績から大きく偏差値を伸ばして大逆転勝利をつかむ生徒がいるのです。


勉強の方はすべて長谷川塾の方で行います

画像2
普通の塾はわからないところを親が教えるところを
長谷川塾では 宿題のチェックから一人一人に
口頭試問してちゃんと理解しているかチェックします。

監督としての役割は必要かもしれないけれど、親が勉強を教えてあげるというのは難しい。

わからない問題は、何回でも何時になっても教えます。

親は子供の生活管理をするだけで、
勉強の方はすべて長谷川塾の方で行います。


【5年生より作文指導を取り入れています】

なんでも「キモイ」「ウザイ」「カワイイ」…で済ませてしまう今の子供達にとって、厄介なのが記述式の問題です。

長谷川塾では5年生より作文指導を取り入れ、自分の伝えたいことを「正しい日本語で書く」訓練を徹底的に行います。


【すべての質問に答えます。365日24時間】

よく聞く話ですが、質問が出来ない塾に子供を通わせてしまい…個別指導塾にさらに通う、はたまた家庭教師を塾とは別に雇う…そんなバカなことがあっていいのでしょうか?

当たり前のことですが「わからない」を「わかる」ようにするために通うのが塾。

長谷川塾では、子供の質問にすべて答えます。
ひとり何問でも終わるまで、真剣勝負で付き合います!!


指導方針→【こちら】をご覧ください


合格実績→【こちら】をご覧ください

卒業生の声→【こちら】をご覧ください


生徒を泣かすわけにはいかない

画像3
優しくする愛情よりも、厳しくする愛情って何十倍も与えることが難しい。
けれども、誰かが厳しくしなければ、この子達がいっぱい泣くことになってしまう。
合格発表で、自分の番号が無く泣いている子に対し、私は「次の試験まで、がんばれ」って言うしかないんですよ。ただ、私は、そうはさせたくない。
だから私は、どんなに憎まれても、「最後にこいつらを泣かすわけにはいかない」という気持ちが強いんです。我が子のように育ててますからね。
私にとって子ども達は、自分が造り上げていく芸術品なんです。壊されたくない。
これは強い想いですね。その愛情を、彼らの子ども達に返してくれれば、と思います。
彼らが長谷川塾の教えを背負い、恥じぬよう生きてくれたら。
彼らの人生そのものが、私の受験ですから。

長谷川塾 塾長 長谷川 陽久

講師紹介→【こちら】をご覧ください

住所 調布市小島町1-34-1 エクレール調布205

大きな地図で見る

TEL

042-442-4780

※お問合せの際には、何をご覧になったか確認させていただくため、「ちょうふどっとこむ」を見たとお伝えいただければ幸いです。
FAX 042-442-4788
HP 詳しくは公式サイトをご覧ください