ちょうふどっとこむ

[おすすめ商品・サービス]

<<  -30/185件-  >>
Good Performer グッドパフォ-マー
英検準1級、2級・TOEFLibt対策コースを本格的に実施!
大学入試改革に備え、英検準1級、2級及びTOEFL ibt対策コ-スを開始します。英検は現在実施されている国内の試験では重要度が高く、大学入試制度改革の中で入試英語の代替試験として登用されることが決まっています。英語力の指標として英検を目標にすることは、英語力を向上させる1つの目標としては意味あることと考えます。但し、同時に本当の英語力が評価される試験なのかどうかについては、今後の英語検定試験協会の方針によるところも大きいかと思います。例えば、英検準1級を持っている英語学習者で問題なく日常会話やちょっとした英語での議論ができる方は多くはないと実感しています。何故なら当方の生徒さんには準1級、2級を取得している生徒さんが多いですが、皆さん特に話すこと書くことに関しては苦難している姿を目の当たりにしているからです。それゆえ当教室では、このコースを英検対策と実践力としての英語を加味したライティング、スピーキングをも重視したコースに仕上げ実施していきます。

他方において、TOEFL ibtは英語力を相当なレベルで正確に判断できる試験であると言えます。4時間に渡る試験の中で、聞く、読む、話す、書くをバランスよく評価する試験として作りこまれています。ヘッドセットを装着してネット上の指示に従い、限られた時間の中で的確な解答を求めるこの試験は高い英語総合力が求められます。但しこれは、米国を中心とする大学や大学院、または一部の日本の大学が主に帰国子女の英語力のレベル証明としてこれまで実施されてきているものです。一般の日本の高校でこの試験の対策がどこまで可能なのかはかなり未知数です。

いずれにしろ現在の中高生が、この2つの試験を目標にして英語力を伸ばしていかざる得ないのは現状になりつつあります。そんな中、当教室でも本格的に対策実施をすることを決定しました。この試験の対策に加え当教室が培ってきた独自の手法を用いコ-スを開始します。当教室独自の実力判断テストを受験していただきクラス編成を行います。これまでの受験者の結果から英検・TOEFL ibtとの相関点数を割り出せる試験です。先ずは実力判断テストを受けて今の実力を把握することから始めてみませんか。
<<  -30/185件-  >>

一覧に戻る
TOPに戻る
トップページ事務局ブログ
調布市の地域情報
ポータルサイト
©ちょうふどっとこむ