医療法人社団恵仁会

調布keijinkaiクリニック

(ちょうふけいじんかいくりにっく)

内科・循環器内科・下肢静脈瘤日帰りレーザー手術・子宮筋腫治療(UAE)

042-488-0171
※お問合せの際には、何をご覧になったか確認させていただくため、「ちょうふどっとこむ」を見たとお伝えいただければ幸いです。

診療案内

画像1
当クリニックでは内科・循環器内科診療、子宮筋腫治療(UAE)および下肢静脈瘤のレーザー治療など最先端の医療を提供しております。
心血管疾患の発症率は年齢と共に増加してまいりますが、より若年でも発症いたします。
生活習慣病との関連て生活できるように、納得のいく医療を目指します。
また、他の連携医療機関とも協力し、地域医療に貢献できるように努力してまいります。










【内科】

日本の3大死因である「がん」「心臓病」「脳卒中」は生活習慣との間に密接な関わりがあります。生活習慣病とは食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣がその発症・進行に関与する症候群のことをいいます。具体的には高血圧、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、高尿酸血症、メタボリックシンドロームなどが挙げられます。これらはそれだけで自覚症状はほとんどありませんが、放っておくと脳梗塞、心筋梗塞など重大な病気の原因となり、予防が非常に大切です。


【循環器内科】

心臓から動脈に送り出された血液は、全身をめぐって組織を還流し、静脈から心臓に戻ってきます。心臓、全身の動脈・静脈の異常を診断し、治療するのが循環器内科です。
循環器内科では、狭心症・心筋梗塞症に代表される虚血性心疾患や不整脈疾患、高血圧疾患、末梢動脈疾患などの診療を行うのみならず、下肢静脈瘤や下肢静脈血栓症などの静脈疾患の診療も行っております。


【下肢静脈瘤】

「下肢静脈瘤」とは、何らかの原因によって、足から体に戻る静脈の血液が停滞し、足の静脈血管が浮き出てきて目立つようになった症状のことです。そのまま放っておくと、足のだるさやむくみ、かゆみや湿疹となり、最終的には出血、潰瘍にまで発展します。 また、静脈瘤の内部に血栓が生じた場合、血栓性静脈炎という炎症を起こし、痛みや腫れを伴うことがあります。下肢静脈瘤は長時間の立ち仕事や出産をきっかけにできる方が多いようです。当クリニックでは、身体的負担の少ない日帰りレーザー手術で、下肢静脈瘤を治療することができます。


【子宮筋腫(UAE)】

当院ではUAEによる子宮筋腫治療を行っております。外科的療法(子宮全摘出術、筋腫核手術)に比べ、身体的負担を少なくすることができます。

子宮動脈塞栓術(UAE)とは?
UAE(Uterine Artery Embolization)
子宮筋腫、子宮腺筋症によって生じる各種の症状の改善を目的とした画期的な治療法です。X線透視下にカテーテルを挿入することによって塞栓物質を注入し、筋腫の栄養供給路をふさいで兵糧攻めにします。



住所 調布市菊野台1-14-12
TEL

042-488-0171

※お問合せの際には、何をご覧になったか確認させていただくため、「ちょうふどっとこむ」を見たとお伝えいただければ幸いです。
FAX 042-488-0172
HP http://www.chofu-keijinkai.com/
定休日 日曜日
営業時間 午前  9:00~12:00 (受付時間11:30まで)
午後 15:00~19:00 (受付時間18:30まで)
※内科・循環器内科・下肢静脈瘤・UAE(子宮筋腫) 
 診療科によって診療日・診療時間が異なります。
 詳しくは当院ホームページをご覧ください。
駐車場 15台 
カード