※新型コロナウイルスの影響で、掲載内容と現在の営業情報が異なる可能性があります。

コクティー国年眼科クリニック
国領駅北口

コクティー国年眼科クリニック

(こくてぃーくにとしがんかくりにっく)

国領駅徒歩1分
※お問合せの際には、何をご覧になったか確認させていただくため、「ちょうふどっとこむ」を見たとお伝えいただければ幸いです。

地域の第一線で最良の医療を

 当医院は、平成17年に開院いたしました。
「眼科としての専門性を極め、最新の技術と設備で良質な医療を提供する」という理念のもとに地域医療に全力を尽くしております。
 本院であり、先の平成7年に武蔵野市吉祥寺に開院しております国年眼科クリニックとの連携のもと、都内各分野の専門病院とも密に協力しあい、今後も高い医療水準を維持してまいります。
 また、個々の患者さんの状況に合わせての説明に努めておりますので、十分に納得された上での診療を受けていただきたいと思っております。

 当院に通院中の患者さんで白内障の手術が必要だと判断された方の場合、速やかに吉祥寺の本院へ連絡を取り、手術の際は送迎をさせていただきます。
 手術自体は吉祥寺の本院で行っても術後のフォローは当院が行いますので、通院しやすくご安心いただけるかと思います。
 まずは、ホームドクターと言うべき地域で信頼のおけるかかりつけの専門医を見つけてください。
 私たちはそんな患者さんのお力になりたいと思っております。

<コクティー院 診療内容>
○一般眼科外来
○視力・眼圧・眼底・色覚検査等
○眼鏡・コンタクトレンズ処方
○視野検査(緑内障その他)
○超音波検査(断層撮影・眼軸長測定)
○レーザー治療(緑内障・糖尿病網膜症・網膜裂孔など)

<吉祥寺本院 診療内容>
○上記診療内容
○蛍光眼底造影検査
○網膜電位図検査
○斜視・弱視検査
○その他
○各種手術治療(白内障・緑内障・翼状片など)

眼科専門医とは……

 眼科専門医とは、眼科に関する知識と医療技術が十分であることを
日本眼科学会が認定した眼科医のことです。

 認定までのコースを簡単に説明します。
まず学会が眼科を学ぶのに相応しいと認めた眼科の研修施設で5年以上、
診察・検査・治療・手術等のトレーニングを受けます。
研修内容は手術を100例以上など、細かく決められています。

 その後、年1回行われる専門医認定試験を受験します。
認定試験は筆記試験だけでなく、実技試験もあります。
意外かも知れませんが、こうした試験の際に実技試験を行っているのは医学界では珍しいことです。
合格すると晴れて眼科専門医と認定されます。

 認定試験の合格率は最近では70%前後です。
合格率が高いですか?そんなことありません。
他の学会の合格率を調べてみてください。
95%以上合格(受ければ合格か?)とかいう学会がたくさんあります。
眼科専門医認定試験はかなり厳しい方だと思います。

 眼科専門医として認定されると、日本眼科学会のホームページに名前がのります。
試験に合格してしまえば、あとはどうでもいいわけではありません。
資格は5年ごとに更新されます。
その間、眼科医として診療を行うのはもちろん、
きちんと学会等に参加して勉強する必要もあります。
 そうしなければ資格の更新を受けられません。
 
 眼科の診療を受けるなら、眼科専門医にかかるのが良いのだ、と
皆さんにもわかっていただけると思います。

よくある思い違い ――― 飛蚊症について ―――

 眼球の中に濁りがでてくると眼底に映る映像に影が出来ます。
 これが飛蚊症です。
 濁りの形はさまざまですので、飛蚊症としての見え方も個人差があります。
文字通り、蚊のようであったり、糸くずや髪の毛、煙などさまざまです。
一日中見えているとは限らず、たまに見えるということもあります。
生理的な濁りがたまたま眼底近くにあると影を作りやすくなります。
明るい所で白っぽい背景の時に目立ちます。
ちょうど晴れの日の方が曇りの日よりも人影がはっきりすることと同じです。
濁りの原因は、単なる生理現象や強度近視や老化現象である場合と、病気の場合があります。
 大半の飛蚊症は、治す薬もなければ手術もありません。そのうち自然と治ることもあります。
 定期的な検査が必要かどうかは医師からの指示に従って下さい。

 怖いのは、病気であった場合です。
 例えば網膜剥離や網膜剥離の原因ともなりうる網膜の穴が開いていたり、眼内出血や眼内の炎症などが挙げられます。
 急に数が増えたり見える形が変わったり視力が落ちたりするようであれば、ただちに眼科医にかかってください。

★飛蚊症を自覚したら眼科を受診し、精密検査をうけ、放置しておいてよいものかどうかを診てもらうことが大切です★

住所 調布市国領町2-5-15 コクティー1F
交通アクセス <電車>
京王線 国領駅 北口 徒歩1分

<バス>
狛江駅北口行き、狛江営業所行き(境91)のバスで国領駅にて下車
バスは南口に到着しますので、国領駅に向かい北口に出てください。
TEL

042-488-9204

※お問合せの際には、何をご覧になったか確認させていただくため、「ちょうふどっとこむ」を見たとお伝えいただければ幸いです。
FAX 042-488-9256
Eメール
HP 当医院の正規ホームページです。詳細をご覧いただけます。
定休日 年末年始
診療時間 <月~土>
午前 9:30~12:30
午後 2:00~ 7:00

<日・祝>
午前10:00~12:30
午後 2:00~ 6:00
駐車場 コクティービルの駐車場をご利用ください。
駐車券をお持ちの方は、お会計の際にお申し付けください。1時間分の引換券をお渡し致します。 
予約について 令和2年4月より完全予約制となっております。
予約方法は、診療時間内にお電話か、直接ご来院でのご予約となります。
*当日、近日の予約が取りにくい状況が続いております。
 2~3週間ほど余裕をもってご予約をお願い致します。
お知らせ ■初診時や月替わりの再診時は保険証をご持参ください。
  保険証は月初めに毎回確認をしております。

■領収書(レシート)は再発行できませんので大切に保管してください。
  高額医療の申請や所得税の医療費控除等に必要です。

■当院は院外処方になっております。

■コンタクトレンズご希望の患者様へ
 処方箋をお出しするには、初診時や月が替わる毎に保険証が必要になります。(眼の状態よっては処方箋をお出し出来ない場合がございます)
☆初めてコンタクトを使用する方は、装用練習などに時間がかかる為、予約制になっております。

■クレジットカードでのご精算は致しかねます。
お願い お電話やメールでの医学的御質問、御相談、診療の予約はご遠慮下さい。
診察無しでの判断は大変危険です。