新型コロナウイルスの影響で、掲載内容と現在の営業情報が異なる可能性があります。

はり・灸・指圧・治療

たんぽぽ針灸院

(たんぽぽしんきゅういん)

調布市・京王線沿線で安心して相談できる鍼・灸・指圧治療院です。痛みと体質改善お任せ下さい。

調布駅徒歩2分
※お問合せの際には、何をご覧になったか確認させていただくため、「調布どっとこむ」を見たとお伝えいただければ幸いです。

たんぽぽ針灸院の紹介

1989年開設以来、調布近郊の方々にご来院いただいています。幼児からご高齢の方まで行ってよかったと喜ばれる治療院を目指しスタッフ一同研鑽に努めています。

オーダーメイドの治療に心がけ患者さんの立場で適切な医療が受けられるよう
漢方薬局や専門医と連携して治療にあたっています。

感染予防に万全の注意を払っています。用具はオートクレープで滅菌し使用する鍼はディスポーザブルを使っています。

疑問に思うことは遠慮なくお尋ねください。納得できるまでご説明いたします。納得いただき同意を得たうえで最善の治療を目指します。

 

心と体がリフレッシュします

治療院受付
治療院受付
スタッフ2名(男性1名 女性1名)で全員国家資格取得者です。患者担当制で治癒まで責任を持って治療します。全員臨床経験20年以上です。安心してご相談ください。

プライバシーが保たれ他の患者さんを気にすることなく静かな環境で治療を受けられます。

服を脱がなくても手、足、頭のツボだけでも効果的な治療ができます。時間が取れない方もお気軽にどうぞ。

ご希望の方にはひとりで出来るストレッチ 操体法 自宅での灸 筋トレ 食養 坐禅などの指導をします。

慢性的な痛みの疾患では医師の同意書があれば健康保険が適用できる場合があります。担当者にご相談ください。

最近の症例から

治療風景
治療風景
井穴刺絡療法による治療例

刺絡とは特殊な鍼で指先や頭のツボから少量血を出す手法です。痛みはほとんどありません。効果があるかないかはその場で実感できます。井穴刺絡とお灸と円皮鍼(貼る鍼)を覚えれば誰でも自分で簡単な症状は治せます。

脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニアなど腰の痛みに関して

腰痛には画像診断で病名がつく場合と画像的には異常がないが自覚症状を訴える場合がある。画像診断で変形が見つかった時その変形が痛みや痺れの症状と関係があるのかないのかはよく調べなければならない。手術をして良くなる人とそうでない人がいる。

手術をしても治らなかった人は痛みと関係ない手術をした可能性が高い。一度手術すると元には戻せない。治療には順番がある。負担が少なく浸潤が少ない治療からすべきで、緊急を要しない場合はよくよく考えて治療法を選択すべきだ。


患者さんの声

いつもではないが本当に簡単な治療で痛みが消えることを経験する。患者さんからするとマジックのように見えるようだ。歩くとき体重がかかると左足の付け根が痛い患者さんに円皮鍼(貼る鍼)をした。親指の爪の角に貼り歩いてもらうと痛みが消えていた。脳への痛みの信号がカットされたためだろう。ポイント探しが少し難しいがこの治療法を覚えれば必ず役に立ちます。


子供と鍼灸治療について

お灸の知識があると子供が急に熱を出したり下痢をしてもあわてないで済むことが多い。また出来るだけ子共には薬も使いたくない。厳密には子共や妊産婦に対しての臨床試験は行われていない。

中耳炎に罹る小児は多いが起因菌は抗生物質耐性菌が多いのでいろいろな薬を飲むことになる。鍼灸はある部位に対しての効果と体全体の抵抗力を高めて病気に罹りにくくする働きとがある。

西日本では毎月日にちを決めて小児はりやお灸をする風習が残っている。ぜひ関東でも広まってほしい慣習だ。







住所 調布市布田4-2-42
交通アクセス 京王線調布駅中央口 徒歩2分。中央口の改札を出てエレベーターで地上に出る。左方向へ直進、バスロータリーを右、パチンコ店やゲームセンターを左に見て進みファミリーマートの前で左に曲がり10m東西薬局の2階。

三鷹 吉祥寺 武蔵境 狛江等へ路線バスが出ています。
TEL

042-486-5315

※お問合せの際には、何をご覧になったか確認させていただくため、「調布どっとこむ」を見たとお伝えいただければ幸いです。
HP http://www.asahi-net.or.jp/~ns7y-iwng/

たんぽぽ針灸院 公式ホームページ

定休日 日曜日 木曜日(緊急の場合はお電話下さい。可能な限り対応します。)
診療時間 9:30~18:00
できるだけご予約ください。
前もって連絡頂ければ時間外可です。
駐車場 近くのコインパーキングをご利用ください。
適応症 腰痛 肩こり 膝痛 慢性頭痛など痛みの疾患
高血圧 肥満 高脂血症など生活習慣病予防
自律神経失調 不眠 気分障害など精神神経症
生理痛 不妊症 更年期障害など婦人科疾患
夜尿症 小児喘息 慢性中耳炎など小児疾患
頻尿や手術の必要のない痔疾患
胃痛 胃もたれ 便秘 下痢などの胃腸疾患
交通事故や運動障害のいつまでも続く痛みやしびれ
冷え性やアレルギーの体質改善
治療の流れ 四診(望、聞、問、切)による東洋医学的な診察を主にしますが、必要により整形外科的徒手筋力検査や経絡テストをもとに治療方針を決めます。(検査データやお薬をお持ちください。参考にします。)

患者さんの年齢 性別 体力 感受性など考慮してその方に適した手技 ドーゼを決めます。EAP 井穴刺絡 経絡調整 経筋治療 頭皮鍼 特効灸。


例えば鍼にしても刺さない鍼もあるし、鍼の材質や太さ、刺鍼時間の長短によって効果が変わります。

患者さんに苦痛がないよう細心の注意をもって施術しますのでご安心ください。

治療の途中その症状が改善しているか何度か確認しながら治療を進めます。物療機器は使わず手の感覚を大切にした治療です。

治療時間は30分から60分です。(初診時は60分から90分)治療が終わったら病態の説明と今後の治療計画を相談します。必要により生活指導をします。
院長略歴とお知らせ 岩永康幸 長崎県出身
1989年 日本理療鍼灸専門学校卒業
趣味  植物と野鳥観察 サイクリング 坐禅 茶道 温泉巡り

在学中より脈診と腹診を学び臨床家の下で研修する。卒業と同時に東洋医学古典薬学研究会に属し素問 霊枢 難経 傷寒論などの読解を深め鍼灸と漢方薬の融合を目指す。

2005年より井穴刺絡研究会に所属し大脳生理学を基礎に自律神経と病気の関係を追及して指と頭部のツボで効果を得る治療法を追試している。

WHOで認められているように鍼灸の適応範囲は広いが 痛みの鎮痛 自律神経の調整 体質改善 アレルギー 小児婦人科疾患の症例は豊富です。


お知らせ

ブログを開設しました。日常の診療の中で感じたことや知って欲しいことをお伝えしたいと思います。
下記リンク先からご覧ください。




















こちらもチェック