調布ムルレの会

調布ムルレの会

(ちょうふむるれのかい)

0424-87-3409
※お問合せの際には、何をご覧になったか確認させていただくため、「ちょうふどっとこむ」を見たとお伝えいただければ幸いです。

差別のない平和な国を願って活動しております

画像1
調布の地は、古くから朝鮮とは一衣帯水の関係にあり、渡来人は日本の歴史と文化を形成する重要な担い手となっていました。 また近代において在日朝鮮人は日本の社会形成に深く貢献してきたにもかかわらず、無視と軽蔑に彩られた国の政策のもとで差別と偏見にさらされた処遇をうけてきました。
2002年6月のワールドカップ共催を契機に韓流が押寄せ、日韓の文化交流は多彩をきわめ、目を見張るほどの変化もうまれております。一方、過去の歴史から教訓を汲み取ろうとせず、一時的なムードに流されやすい脆さを引きずっている面も見受けられるのではと危惧しています。
調布ムルレの会は、1979年12月発足以来、真の国際化時代にふさわしい日本の在り方を求め、地域社会及び人権にかかわる他団体との交流・連帯を深め、差別のない平和な国、出会いを大切にし、共に生きる町・社会の形成を願って、活動しております。

人権問題 文化活動 国際交流の3点を目標に活動

画像2
◎ 2014年度ハングル講座 募集開始
  2014年4月9日 開講  毎週水曜日7時 調布市文化会館たづくり9F
    留学生が主に教えます。 詳しくは、大久保まで 090-2336-6243

●情宣活動 
  ニュースの発行等
●市民講座
 2014年12/ 5日(金)たづくり9F研修室・資料代:500円
 
朝鮮
 講師:  さん


ムルレとは差別のない社会への願いことば

画像3
ムルレとは糸車のことで、日本に住む韓国・朝鮮人と日本人が共に差別のない社会をつくる糸を紡ごうという願いをこめ、差別はつくられていくもの、人権は意識していないと守れないもの、等々・・皆で考え、それぞれが自分らしく日常生活を暮らしています。6月に文化会館たづくりにて開かれる、はーとふえーるコミネットに参加します。今年も参加しています。

住所 調布市小島町3-90-3
TEL

0424-87-3409

担当:大久保

※お問合せの際には、何をご覧になったか確認させていただくため、「ちょうふどっとこむ」を見たとお伝えいただければ幸いです。
FAX 03-3361-4691(倉橋)
Eメール
HP http://choufu_murure.sakura.ne.jp
活動内容 教育・交際交流関係
所属メンバー 56名